読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け出しワーママerikaの記録

ガツガツ系会社員erikaのワーママな日常。

39週0日 急な破水と入院

計画和痛分娩を選択していたわたくし。
しかし破水が急にやってきてポーンと自然分娩で産みました…!

昨日のできごとを時系列で。

朝5:00くらい?
眠れず起き上がり洗濯乾燥たたむ作業、おもむろにフルーチェをつくってモソモソ食べる。夜食。

朝6:00〜
入院準備の最終点検。
朝まで使っていたのでケータイ充電器を足す

朝9:00
だんなさんを起こす
作り置きカレーをあたためる
食べる

朝9:15
クロネコヤマトの荷物受け取る。
なくなりそうだったトイレットペーパーの補充が家にいるうちにできてホッとする。うちの近所のクロネコさんは朝がはやくて仕事前に受け取れるので最高です。

朝9:30
だんなさんを見送る

朝10:00
体調が悪くて二度寝。11:30まで寝ることにする


___このあたりで異変に、気付く____

立ち上がり、お手洗いに行こうと思ったら、なんか漏れる。破水したようだ!
さらさらの水が…。。

病院に電話して、荷物全部持って急いで向かう。タクシーすぐつかまってよかった。出も少し減ってたのでなんとか汚さず済んだし。

外来診察台から、車イスでそのまま病室へ!ダバー!これは焦りました。
手続きもなにもかも後回しで分娩着にお着替え。


その後は陣痛がこないのでゆっくりしましょう、ということに。
この時子宮口は1センチ。まだまだ。
初産婦さんなので進みも遅いだろう。
計画通り、ミニメトロを夕方いれて、明日までに開いて、7日の午後には産めるでしょう、と。

夕方
メトロを入れた。内診が死ぬほど痛い。

夜8:00
麻酔医がいなくてできないため、睡眠導入剤を服用して今日は寝ちゃうよう指示が出る。

寝れない!

夜10:00
メトロを入れた後お腹のハリがどわ!!っとやってきて痛さが半端ない。お腹がいたくなるのではなく、わたしは腰がいたくなるパターンのようでした。
湯たんぽを腰に当ててもらい、すこしマシになる。

鎮痛剤を打って、朦朧とする方向で眠る時間を確保する手段に出る。右肩。

そして効かない!と悲鳴をあげて少し時間をあけて左肩にも注射。

このあたりで日付けが変わっている。
痛すぎるのでさらにもう一回注射お願いしたい!と掛け合ってオッケーが出たあたりでもう記憶が曖昧…。
気付くとまわりが人だらけ。
いきみ逃しもできない…!

このときには2時?3時?
だんなさん呼び出し、駆けつけてもらうように連絡してくれてた、らしい。

お部屋にて練習。
先生も助産師さんも、看護師さんもいて、もう個室のまま産んじゃうかと思った。そんな感覚あったし。

隙を見て分娩室に運ばれたようだ。曖昧。あと数回でもう産まれるよ〜がんばろうねー!と声がかかってる時にだんなさん到着。なんとなくぎりぎり間に合ってきてくれたのを覚えてる。

予告通り数回でポーン!!

ひと仕事成し遂げた感。

陣痛の方がつらかったからか、産む瞬間は痛くなかった。

会陰切開もされてたようなんだけど、それも痛くなかったので、切開が怖いよ、という方には切るのは全然気づかないから安心してー!それより陣痛のほうが痛いです!とお伝えしたい。

…お産より一山越えた後の、縫合がいたかったなぁ。

ともあれ昨晩の報告まで。
続きは休んで落ち着いたらまた!

おやすみなさい。