読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け出しワーママerikaの記録

ガツガツ系会社員erikaのワーママな日常。

保育園はしごライフ 続編 :息子、先生と毎日デート

保育園のお迎えですが、非常に順調?です。
 
複数人のなかから、手の空いている先生が行きます、という話になってました。どうなるかな~と思っていたら、遅番でいつも帰りの時間に見ていてくれる先生が基本私が行くことなりました!といってくださって更に安心。
 
息子のお気に入り(?)の先生です。わたし自身もとても良くしてもらっていて、迎えにいっては少しお話してから帰ったりしてます。先生でよかったー!と息子だけでなく母もニッコリ。
 
そろそろ夕方も外が明るくなってきたので、お空をみたり景色をキョロキョロしたり、アーウーとおしゃべりしたりしながら移動してくださってるそうです。デートだね~❤今日も楽しかったね~ と。迎えにいくと、そんな話がきけて嬉しいです。
 
息子の哺乳瓶拒否や、おっぱい拒否、ミルク拒否の際も、ミルクをあげると表情がグッ!ちが~う!って変わるんですよ、違いがわかる男になったのねぇー!とおおらかに対応してくれてたりとわたしの両立生活を明るく支えてくださってます。
 
小さな託児所から認可外に移った時にはRSになったりと自分の選択を後悔したりと考えものだった年末年始。おちびさんも大きくなって、いまや子育てを一緒にしてくださってる感覚です。公立園は集団行動、集団保育の感じが強いけど、この点、認可外はフリーダムでひとりひとり自由。受ける感覚の違いはこれによるものかな。
 
わたし自身が両親、祖父母、近所の親戚、祖父母友人のおじーちゃんおばーちゃんずといった多くの人に愛され育てられたように思うので、ぜひおちびさんにもいろんなひとの支えによって育っていってほしいなと思います。